給与前払いシステムで差をつける
2020年4月30日 企業成長にとって重要な「離職防止対策」

企業成長にとって重要な「離職防止対策」

企業が成長していくために必要とされるものの一つに、「優秀な人材確保」があります。

ところが、企業によってはなかなか社員が定着しなくて困っている、という問題を抱えているところも多くあるのが現状です。そこで企業がすべきことは、採用活動を頻繁にするのではなく「いかに離職者を少なくするか」の「離職防止対策」を講じることが重要となります。離職防止のためには、まず「離職原因を探る」ことが大切です。インターネットなどで社員が退職を決める要因となったものを調べてみると、まず挙げられるのが「給与が安い」「残業や休日出勤が多い」など、勤務時間やお金の面など「労働条件」によるものが多くあります。

他には「同僚や上司との人間関係が良くない」などの「職場環境」が理由になっているケースもよく見られます。また、企業に問題があるというよりも「やりたい仕事じゃなかった」「他に自分に合った仕事があるはず」といった、社員個人の仕事に対する理想や価値観などが離職を生むケースも少なくありません。

個人の理想や価値観については難しいものの、明らかに企業側が提供する労働環境・職場環境がその原因となっている場合は、速やかに見直し改善していくことが何よりも先決です。現在、離職防止に力を入れている企業が増えつつあるのは、人材の定着がいかに企業にとって大きな利益につながるかを、認識し始めているからに他なりません。もしも自社の離職率が高いことで悩んでいるなら、取り組みによって効果をあげた企業の防止策を参考にしながら、対策を講じていくことが必要とされるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *