給与前払いシステムで差をつける
2020年4月30日 若手社員の離職防止が企業の成長に貢献

若手社員の離職防止が企業の成長に貢献

若手社員の離職率は、それより上の年代と比較するとかなり高くなっています。

ですから離職防止の対策を始める場合には、まずは若手をターゲットにしてみると良さそうです。最初の3年が鍵を握ると言われており、その期間を問題なく過ごせれば長く定着してくれる可能性があります。入社してから間もない場合には、まだ周りの人と打ち解けていませんので、悩みを抱えていないかを逐一確認することが重要であり、コミュニケーションをしっかりと取ることが離職防止につながります。

適性に関しても悩みを抱える人がいますが、適性の部分ではより細かな聞き取りが必要です。どのような部分で向いていないと感じるのかを把握し、客観的に見た評価を考慮しながら今後の方向性を一緒に模索します。一人で決めさせるようなスタイルでは、若手の中では選択肢が少ないために行き詰まってしまいます。行き詰まれば結果は離職しかなくなりますので、会社にとっての大きな損失とつながるため注意しなければなりません。

会社の体制によっては、若手以外の人への負担が大きくて、ある程度の年齢になってから辞めたいと感じることがあります。どの世代の負担が大きくなっているのかをチェックし、その世代へのフォローも忘れてはいけません。フォローを手厚くするときちんと見てもらえているという安心感がありますし、何かあった時に対処してくれるという期待も生まれます。これも離職防止の対策として正しい方法です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *