給与前払いシステムで差をつける
2020年5月9日 離職防止には定着率の高い企業の特徴を参考に

離職防止には定着率の高い企業の特徴を参考に

近年、新入社員の3割が3年以内に辞めてしまうという現状が報告されていますが、新入社員に限らず企業にとってはいかに離職率を食い止めるかが課題となっています。

そこで社員の離職防止のためには、社員が辞めてしまう原因や問題点を探り適切な対策をとっていく必要があります。離職防止対策にはまず、自社の労働条件や労働環境に問題がないかをチェックするところから始めると良いでしょう。これから先に社員が辞めてしまう要因が潜伏していないかの点検とともに、定着率が高い企業の特徴や行なっている離職防止への取り組みを参考にしてみることも有効です。

では、社員の定着率が高い会社というのはどのような特徴を持っているのでしょうか。それはまず「長時間労働がなく、有給休暇も取りやすい」という環境があります。従って、平日の残業の常態化や休日出勤の多さがあるなら、勤怠管理をすみやかに見直すべきです。次に、「社内でのコミュニケーションがある」という特徴もあります。職場にはそれぞれの雰囲気というものがあり、それに問題がある場合は社内でのコミュニケーションを盛んにすることで改善されることもあります。

これは懇親会などを増やすだけではなく、会社の状況を社員に伝える・部署と部署との隔たりをなくす・上司と部下の意思疎通など、あらゆる方向でのコミュニケーションも含んでいます。これによって視野や可能性が広がり、社員は退職以外の選択肢を考えられる方向に気持ちを切り替えることも出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *