給与前払いシステムで差をつける
2020年5月12日 離職防止に役立つ対策

離職防止に役立つ対策

20年程前は新入社員から定年まで働き続けるスタイルが主流でした。

最近は会社の環境も変わりブラック企業とホワイト企業と区分けされています。ホワイト企業は人材不足にいち早く対応しており、離職防止対策もされています。一方ブラック企業となると人材の不足、サービス残業が多いなどマイナスイメージも多いため離職者も多い傾向です。ここでは離職防止に役立つ対策をご紹介します。離職防止に一番肝心な事はブラック企業のイメージを持たせない事です。

つまり会社の運営の仕方が昔から変わらないスタイルで進めているのであればすぐ改革し改める必要があります。会社に働かせてもらっている。そんな志向や方針の会社は離職者は減ることはありません。従業員のライフワークを尊重する。働き方はここ数年でだいぶ様変わりしています。会社が生活の中心ではなくライフワークバランスを重視して残業や休日出勤など根絶する覚悟が必要です。ダブルワークを奨励する。基本給のベースアップが見込めるところでは問題ないですが、基本的に従業員の収入は残業もなければ収入は減ってしまします。

会社が給料を上げるのではなく、ダブルワークを奨励し従業員の可能性を引き出す効果を期待し前向きに認める事が必要です。会社に悪影響が出ると懸念がある場合は会社に支障が出ない範囲で修業規則に記載しておくことです。働き方改革の内容を積極的に取り入れる。会社が後手的な対応で有休取得させているのは従業員が取得しづらい環境」を生み出します。先行的に取り入れることは従業員の会社に対する信頼性向上になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *