給与前払いシステムで差をつける
2020年5月18日 離職防止に何をすれば良いのか

離職防止に何をすれば良いのか

新入社員の離職率3割というのは今も昔も変わりません。

しかし離職されればそれだけ会社にとっても損失が出ることになります。離職防止のために会社は何ができるのでしょうか。必ずやっておきたいことが離職理由を追求することです。何故今まで離職していたのかを知らなければ離職防止案を考えることもできません。新しい夢がある、田舎に帰らなければいけない、というような特殊な例もありますが、給与、人間関係、労働条件、やりがい、その他の理由というような大まかな理由を聞いて、何を改善すべきか考える必要があります。

何かしらその職場に不満があるから辞める訳です。これを把握できていない、把握しようとしない会社は存続できないと思って下さい。離職防止策はその理由によって変わってくるため、一概にこれが効果的というというな特効薬は存在しません。今回は最低限やっておかなければいけない対策を紹介したいと思います。それが公正でわかりやすい人事評価制度と労務管理です。意外とどこでもあるのがえこひいき。評価方法は曖昧にしておいて、上部のお気に入りの社員だけ評価されているというのであれば当然嫌気がさします。

どのように評価されるのか明確にしておけば、自分のライフプランも考えられ、モチベーションアップにも繋がります。労務管理ができていないのであれば、早急にしなければいけません。誰がどれくらい残業をして休んでいるのか、仕事の量は適正であるかと管理するのは上司の責任です。できればシステムを導入して可視化するのがベストです。離職防止は短期で結果が出せるものではありません。長期の目線で考えながら対策を講じていくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *