給与前払いシステムで差をつける
2020年5月21日 労働人口減少下で離職防止は企業の大きな経営課題です

労働人口減少下で離職防止は企業の大きな経営課題です

日本では少子高齢化の影響で、労働人口の減少が進み始めています。

こうした背景から飲食業等の一部の業界では従業員の確保が難しくなっています。この状況は、飲食業のみならず、今後多くの業界で課題となる事が推察されます。そんな中で、経費を掛けて採用し、さらに教育投資を行った社員が離職すると言う事は、企業にとって致命傷ともなりかねない経営課題となりつつあるのです。こうした時代背景だからこそ、貴重な人材の離職防止策を真剣に考える事が各企業に求められていると言えます。

そもそも人が働くのは、収入を得るためですが、それ以外に企業や職場に満足するか否かには、様々な要素があるものです。しかもそれが個人によって異なります。企業のビジョンや経営者の方針、仕事のやりがい、キャリアアップやスキルアップに対するサポート、仕事の質と量が自分の理想に近い事、企業風土や人間関係等、色々な要素があるのです。これらが各人の理想に近く、また許容範囲内にある事で、満足感を得つつ働くのです。従って、多くの社員がそう感じる事が出来る企業とする事が離職防止に繋がると言えます。

しかし先にも記載した様に、その要素は多岐に及び、離職防止策を考える事は、企業の仕組みやあり方を総点検する事と言い換える事ができます。さらに経営者や幹部社員は、自社の仕組みやシステムが当たり前だと考えがちなため、この離職防止策を講じる事を一層難しくしていると言えます。従って、コンサルタント等の外部の視点も入れつつ、早期に企業の仕組みを総点検する事が求められているのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *