給与前払いシステムで差をつける
2020年5月24日 離職防止はリスニングがポイント

離職防止はリスニングがポイント

仕事に意欲が出なかったり、仕事に魅力を感じなくなってしまったまま辞めてしまう離職は、早いうちに気づいて対処しておく必要があります。

社員一人による離職が連鎖して、多くの社員が職場を辞めてしまうことにもなりかねません。離職防止のための最も大きなポイントは、社員に対するリスニングです。社員が仕事に意欲を見せない理由や、職場での関係、さらには仕事での悩みについて耳を傾ける時間を設けましょう。場合によっては、直属の上司のパワハラやセクハラが関係している場合もあるので第三者の仲介も必要になります。リスニングのポイントは相手に結論を急がせず、じっくりと時間を設ける必要があります。

聞き方には十分に注意しましょう。また、威圧的な態度を取るのではなく、社員と一緒になって職場の環境を改善するという姿勢を示しましょう。リスニングは離職防止として一見すると遠回りに見えますが、社員一人一人の様子をチェックする最も効果的な方法です。もし具体的な問題が明らかになったら、しっかりと対処する必要があります。

特に人間関係は職場環境の改善に必須なので、放置せず何らかの仲介が必要です。社員の私生活に何か支障が出ている場合は、出来る限りのフォローも行ってください。職場カウンセラーの意見を求めるなど、専門家の意見も離職防止の効果を発揮します。監視したり檄を飛ばすのではなく、まず社員の状況を把握するためのリスニングを心がけてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *