給与前払いシステムで差をつける
2020年6月9日 給与を日払いで受け取ったときの税金

給与を日払いで受け取ったときの税金

給与を日払いで受け取ったときには、その支給元となる企業によっては所得税などを源泉徴収されている場合があります。

無論、その反対に何も徴収していないケースもあり、様々です。いずれにしても納税者からすると正しく納税を行うために正しい申告を心がけることが大切です。本業以外で副業として働いたときの給与を日払いで受け取った場合には、必ず確定申告が必要です。またフリーターなどで1カ所のみからの場合でも、控除などが反映されていない場合が多いため申告をした方がいいこともあります。

働いた先からは年間に支払った給与などの金額を明記している書類、源泉徴収票の発行をしてもらえますので、日払いであってもこうした帳票の発行を求めることが重要です。年間のものになるため、通常は年末あるいは年明けの早いうちに発行を求めます。複数箇所からの発行がある場合には、全て求めますので、多くのところで働いている場合には連絡を迅速に行うなどして、申告に間に合うように準備を行うことが肝要です。給与の日払い元となった事業所では、細かな控除特に生命保険などの把握はしていません。そのため確定申告で計上できるものは全て記載し、提出します。税金を正しく申告し納税を行うことが大切です。仮に払いすぎている場合には還付となり、反対に足りない場合特に本業以外で働いているときなどですが、このときには追加で所得税及び復興所得税を期日までに納税することとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *