給与前払いシステムで差をつける
2020年6月21日 給与日払い制のコスト削減

給与日払い制のコスト削減

日払い給与で求人募集を出すと、短期での人員が集まりやすくなるメリットがあります。

世の中には1か月の給与を待つことが難しい人もいるので、日払いの仕事を探している人が応募しやすくなるからです。給与の渡し方はいくつかあります。振込回数が多くなってしまって手数料が高額になることもあるから、一般的には手渡しをすることが多いのですが、銀行振り込みを利用している場合はコスト削減することが可能です。振込は同一金融機関かそれ以外の金融機関かによって手数料の値段設定が違っています。労働者側で会社と同じ金融機関の口座を持っていたら、手数料をゼロ、もしくは安くして振り込むことが可能です。

一般的には日払い制を利用すると振込手数料や事務手数料などがかかることから、本来渡す給料から手数料分を差し引く会社が多くありますが、予め企業側と労働者側で銀行を統一しておけばコストは削減できます。会社の口座を1つだけでなく、振込用に複数の金融機関に分けて置いておくのも良いでしょう。取引先金融機関を複数にしておくことでリスクを分散することが可能ですし、金融機関と付き合いを作ることで融資を受けやすくなる可能性もあります。手作業で給与の計算をする場合、多くの人件費が発生します。日払いシステムを提供しているサービスはたくさんありますので、そういったサービス導入によって人件費や負担を低く抑えることも可能です。システム利用料や運用にあたって費用はかかりますが、人件費との兼ね合いを見て判断すると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *