給与前払いシステムで差をつける
2020年6月24日 給与の日払いの仕組み

給与の日払いの仕組み

一般的に企業は雇用者に対して毎月の指定した日に給与を払いますが、近年は日払いの応じるところも増えています。

正規雇用されている社員などは収入が高く安定しており、一刻を争うような状況になっている人は少ないです。しかし、アルバイトやパートなどでは不安定で今すぐにでもお金が必要であり、支給日まで待つ余裕がないこともあるので前倒しできる給与の日払いは雇用者からの要望が高いです。また、人手不足も問題になっており、他社と比べて有利となる条件を提示できれば人員を確保しやすくなることがこの背景にあると考えられています。

なお、この仕組みでは支給の対象は既に働いた分までが上限になっており、それ以降の分は含まれないので借り入れはできません。給与の日払いをする場合には自社で個別に処理をすると経理の負担が大きくなるため、外部のサービスを使用して対応することが多く、手数料が発生するので考慮が必要になります。便利であっても無計画に利用しすぎた場合、手取りが減ってしまうので困っているときだけ給与の日払いを行うのが安全です。手数料はサービスを提供する会社によって異なりますが、雇用者側の負担が大きいものを企業が選択すると利用しにくくなってしまい、形だけの仕組みになるので注意が必要です。給与の日払いは借り入れではなく、支給日には差額だけが支払われるので返済できなくなる恐れのない仕組みであり、審査が不要な利便性の高さもメリットになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *