給与前払いシステムで差をつける
2020年8月3日 給与前払いシステムの種類について

給与前払いシステムの種類について

最近増えている給与前払いシステムには、主に立て替えとデポジットの2種類あって、導入するときも自社に適したサービスを選ぶことが大事です。

立替え型はシステムの提供会社が従業員の給与前払い分を、立て替えてから支払いをします。利用した従業員の手数料負担は高くなるので、導入するときは注意が必要です。デポジット型は導入企業が準備金を用意してから、システムを経由し従業員へ随時支払いをします。給与前払いシステムの導入は、色々な提供会社がありそれぞれ特徴が違ってます。

中には新しいシステムを使っているところもあり、自社の勤怠管理システムと連動させることで働いた分の相当額を受け取れるようになってます。例えば、従業員に事情があって本来の給料日前にお金が必要になったときに、システム提供会社を通して働いた分に相当する資金を受け取れると、わざわざ貯金を崩したり借金をしなくてすむため便利です。導入企業側も負担は少なくて従業員も使い勝手がいいので、福利厚生の一つとして導入する事例も増えてます。

従業員が安心して働ける環境を整える目的で、給与前払いシステムの需要も高まってます。提供会社によって違いますが、導入費や運用費が無料なところもあり、全自動化されたシステムで導入してからも業務負担を抑えながら新しい福利厚生を提供出来ます。働く側にとって万一の時に、自分が働いた分は必要に応じて給料の一部が受け取れると安心出来ますし、それが定着率にも繋がります。
給与の前払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *