給与前払いシステムで差をつける
2020年8月12日 給与の前払いは労働者にとってありがたい仕組み

給与の前払いは労働者にとってありがたい仕組み

給与が日払いや週払いの仕事もありますが、基本的に月払いになっているところの方が多いでしょう。

短期のアルバイトなら比較的多くありますが、それ以外は少ないです。しかし、最近は給与前払いシステムを採用するところは増えてきています。そうした会社も、原則は月払いで、従業員が申請した場合に働いた分の一部を前払いしてもらえる仕組みになっています。給与前払いは、労働者にとっては早めに支払いを受けられる点で助かります。給与前にお金がなくて困ったという経験をする人も多いですが、これなら何とか凌ぐことが可能です。

また、これから働く人も、最悪2ヶ月後になってしまう給料が早めに貰えるので、生活ができない状態を回避することができます。この仕組みを導入するのは難しくありません。外部サービスで、このシステムを利用できるものを提供しているからです。企業にとっては導入コストも気になるところですが、初期コストもあまりかかりませんし、立て替え払いをしてくれるので先にある程度の資金をプールしておく必要もありません。

前払い申請をするのには従業員が手数料を払うので、会社側は個別の支払いに対して手数料を負担する必要もないので、導入しやすいです。従業員の方も基本は月払いなので、その仕組みを利用しない限り手数料がかかる訳ではありません。利用した時はかかってしまいますが、本来支払われないものが先に支払われるので、それを利用する対価として悪いとは思わないので、負担間を感じることもないです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *