給与前払いシステムで差をつける
2020年8月24日 給与前払いは実績分から支払われる仕組み

給与前払いは実績分から支払われる仕組み

人によっては、働いたらすぐにお金が欲しいと思っている方もいます。

そんな方は給与前払いが向いていますが、最近は多様な働き方の広がりとともに、給与前払いの仕組みも導入する会社も増えています。ただし、最初から前払いだけというわけではなく、月払いが基本となっていて、そのうち働いた分の給与を一部払ってもらえる仕組みです。こういったシステムを提供するサービスがあるので、導入するのはさほど難しくありません。経理の処理も面倒ではなく、勤怠管理システムと連動して実績分が登録されていれば、従業員が申請する仕組みになっています。

手数料の負担は利用する従業員が支払います。あくまですでに働いた実績分から支払われますので、借金ではありません。そのため、従業員の方もお金が必要になったときに利用しやすいと感じますし、利用しなければ普通に全額給料日に支払われるので、気にしない人にとっては特に変化もないので、導入によるマイナスはないです。

むしろ、困ったときに頼れると感じてもらえれば、従業員の満足度が上がって定着率も高くなるでしょうし、求人に応募してくる人も増えてくるでしょう。正社員でもアルバイトでも、お金がすぐに必要になるケースはあります。働き始めてすぐは給料が出ないとすれば、支度金がない人はそれまでお金に困ってしまいますが、働いた分の前払いを受けられるのであれば、なんとかしのぐこともできるので、ありがたいと感じます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *