給与前払いシステムで差をつける
2020年9月3日 給与日払いシステムとは給料の一部前払い

給与日払いシステムとは給料の一部前払い

給与の日払いシステムを導入している企業が増えているようですが、日払いシステムは正確には給料の一部前払いということになります。日払いも月払いももらう額は同じなのですが、日払いシステムを導入している場合、既定の給料日よりも前に働いた分から必要な分だけ先にもらうことができます。当然ながら給料日に入ってくるのは先に引き出した分を引いた残りということになります。従業員には給料日前にやむを得ない事情でお金が必要になった場合、前借りする権利もあるのですが、あくまで借りているので返さないといけませんし、持ち逃げされるというトラブルもあります。

しかし一部前払いであれば、働いた分を給与として渡すので返す必要もありません。会社から借りるほどではないが、急な出費があって財布の中身が心もとない場合に便利です。前借りは事情によっては受け付けられない場合もあるのに比べ、日払いシステムは従業員側にとっても企業側にとっても便利なのですが、お金が引き出せるのは働いた分だけという点には気を付けなければなりません。またお金を引き出すたびに利子が付くため、利用をするのはどうしてもやむを得ないときだけにするのが賢明でしょう。

企業によっては前払い制度でお金を引き出し、使いすぎてしまわないように上限を設けているところもあります。給与の日払いシステムを導入することは、企業側にも福利厚生が充実しているという印象を与えるため、システムの導入のための初期費用や設定に手間がかかりますが、人員確保や離職の防止に一役買っているようです。給与の日払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *