給与前払いシステムで差をつける
2020年9月9日 給与日払いシステムのコストを検討する

給与日払いシステムのコストを検討する

採用する人がすぐにやめてしまう、そんなことで悩んでいるなら待遇改善を考えていかなくてはなりません。不満を持たれる理由は様々なので一つずつ改善していくべきですが、マイナスをなくすだけではなく、プラスな部分を加えることができればそれでも待遇改善につながり、定着アップに寄与します。給与日払いシステムの導入は、プラスとすることができる部分です。それまでなかった制度を導入することになりますが、月払いのまま、先に給与が欲しい人が随時申請して利用するのが日払いシステムなので、必要な人とそうではない人のどちらにとってもマイナス要素はありません。

給与日払いシステムは、勤怠管理システムと連動しています。勤怠管理システムで締め計算がなされていれば実績として反映され、その範囲で日払いを申請することが可能です。ゼロ円で導入可能なところもあり、その場合は従業員が手数料という形でシステム利用料を負担することになります。あまり手数料負担が重ければ不満が生じる恐れはありますが、高くても数百円程度です。

繰り返し利用する人が多いとこれは負担が重くなるので適してはいませんが、月に一回くらいしか利用しないのなら、あまり気にならないでしょう。企業側が負担をするサービスの中には従業員の手数料負担がゼロのところもありますし、どちらも負担が発生するタイプもあります。利用者の需要やコスト負担が可能かどうかなど、バランスを考えて選ぶのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *