給与前払いシステムで差をつける
2020年9月15日 給与の一つのスタイル 日払いシステムとは?

給与の一つのスタイル 日払いシステムとは?

突然携帯が壊れてしまった、財布を無くしてしまったといったものから、急な冠婚葬祭など物入りになった時に非常に使いやすいのが日払いシステムです。給与の日払いシステムというのは、給与の計算単位が1日となっており、1日分ずつ給料が支払われます。だからといって給与がすぐ手に入るとは限りません。手渡しで当日にもらえる場合や勤務が終了したその日のうちに振り込まれる場合もありますが、翌日以降の振り込みとなる場合など、支給方法はさまざまなので注意が必要です。

日払いと聞くと比較的短期間の、または1日だけの単発での仕事のアルバイトやパートタイマーを思い浮かべる人は多いと思いますが、最近では企業の正社員にも日払いをするところが出てきています。月給制から日給制に完全に移行しているというわけではなく、この場合の日払いシステムは月給の中から任意の数日分を申告して前払いでもらえる、給料日よりも先に一部を引き出しできるということです。給料日前に給与を受け取りますが、あくまで受け取れるのはすでに働いた分のみですから、前借りとは違うということです。企業側はまだ働いていない分の給与を支払うリスクがなく、従業員側は心理的な負担が軽減されるのが特徴です。

しかし会社によっては従業員側に手数料がかかる場合がありますし、使いすぎて給料日にお金が入らなかったなんてことがないように、本当に急な出費で困っている時だけにした方が良さそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *