給与前払いシステムで差をつける
2020年9月21日 給与日払いシステム導入時に検討しておくべきこと

給与日払いシステム導入時に検討しておくべきこと

給与の日払いシステムを導入するのに不安がある方は、サポートが充実しているタイプを選ぶと良いでしょう。困ったときに電話をして日払いシステムの疑問点を解決できるところは多いですし、そうしたサポートを入れても費用的にあまりコストがかからないところも十分にあります。給与前払いは貸金業に当たらないのかという問題提起が起こったことがありましたが、現在ではそうではないという考え方が一般的です。事実、大手も給与日払いシステムを提供しており、たくさんの会社がサービスを提供しています。

そのため、導入しても法的に問題があるとされることはないので、導入を検討してみましょう。月払いをしている会社がこれを利用するメリットは、日払いが良いと考える従業員からの評価を上げられる点です。これを導入しても、原則的には月払いを維持することができますので特に企業側に負担を強いるわけでもなく、簡単に導入できます。初期費用は月額利用料が無料なサービスは、基本的に日払いを申請する従業員が支払います。

そのため、導入コストをゼロ位したい場合は、そうしたところを選ぶと良いです。もちろん、数百円と言えども毎回手数料を取られると、従業員の不満につながってしまうこともあります。そのため、従業員の層を考えて導入サービスを選んだ方が良いです。例えば、短期や単発の仕事であれば、たいていの方は日払いを前提にしているので、手数料を多くとられるようだと不満に感じられてしまうことが多くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *