給与前払いシステムで差をつける
2020年10月6日 専門分野が明確なフリーランスは仕事をとりやすい

専門分野が明確なフリーランスは仕事をとりやすい

わざわざお金を出してまで外部へ依頼するのは、自分自身や社内で行うよりも低コストで済むからです。高い技術力や専門知識を要する分野を素人が行うと、時間と手間がかかるわりにミスが増えてしまうので、最初からフリーランスに任せるのが一般的な流れとなっています。専門分野が明確なフリーランスが仕事をとりやすいのは、依頼する側として安心できる相手だからであり、場合によっては評判を聞きつけた新規顧客もどんどん訪れてきます。何でもできますとアピールするのは、何もできないと見なされやすいので、自分は何をできるのかを具体的に定義することが重要です。

フリーランスとして独立するタイミングは、サラリーマンとしての仕事で取引先から評価されてきた時や、副業の売上が一定ラインを超えてきた時が多いので、それまでの経緯を踏まえて自分なりにキャッチコピーを考えてみましょう。得意分野を絞り込むほど依頼とのミスマッチを予防できますが、その分野の需要が減ってきた時に困ってしまうので、複数の分野を組み合わせるなどの工夫が求められます。単純に専門分野を増やすだけではなく、短納期に対応できるといった独自の付加価値をつけてみるのも有効です。多少割高の料金であっても、すぐに対応してくれるフリーランスには、何らかの事情で切羽詰まった方などから安定した需要があります。

個人事業主として将来を見据えた事業計画を立てて、自分自身を効果的に売り込んでいきましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *