給与前払いシステムで差をつける
2020年10月9日 フリーランスとして節税を効果的に行っていこう

フリーランスとして節税を効果的に行っていこう

自分の判断だけで動くフリーランスは、毎年の確定申告についても自分自身で行う必要があります。サラリーマンに比べて経費として認められる範囲は広くなりますが、事業内容と関連性によって税務署からのチェックが入るので、有資格者の税理士に相談しながら進めていくのが一般的です。同じ経費であっても、形式を整えてから申告するのかどうかで、税務署からの心証が大きく異なることを覚えておきましょう。税理士に相談することで、節税効果が高い保険なども効果的に組み合わせられます。

将来に備えての積立金としては色々な方法があるので、若いうちからコツコツと積み立てていくべきです。売上の金額が増えてきたら、より節税をするために会社形態にすることも視野に入ってくるので、信頼できる税理士を早めに見つけておきましょう。自分自身で確定申告を行っていく方針であれば、自ら税務についての勉強を行っていく必要があるので、フリーランスなどの個人事業主が多くいる勉強会にも参加しておくべきです。青色申告については色々な勉強会が開催されているから、フリーランスに評判が良いところに登録しておき、次の確定申告の時期になるまでに準備をしておきましょう。

小規模の事業であれば、青色申告制度の利用だけでも十分な節税効果が見込めるため、主に複式簿記と適切な経費の計上などを学ぶ内容になります。期限までに確定申告と納税を完了させるのは国民の義務だから、専門家に相談しながら節税に積極的にチャレンジしていきましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *