Skip to content

寿命延長できる!熱交換器メンテナンス

熱交換器メンテナンスはとても大切です。高い温度を持つ流体を低い温度の流体へと熱を移動させることで、様々な機械やマシンや設備の稼働によって生じる排熱を逃し、稼働効率を維持してくれます。関連設備の作業効率に大きな影響を与える排熱を担う熱交換器は、一定期間ごとにメンテナンスをしなければなりません。熱交換器メンテナンスによるメリットは、排熱効率維持によるエネルギーロスの抑制だけではありません。

メンテナンスを放置することで生じる突然のトラブルリスクを減らすことに加えて、トラブルに対処する人員の投入も抑止できます。またプレート式熱交換器の場合であれば分解洗浄するリコンディショニングがおすすめ、これにより寿命延長を目指せます。分解して洗浄するためプレート式熱交換器にこびりついた様々な汚れを隅々まで落とせるほか、熱交換器の状態そのものも把握できるため、交換時期を知ることもできます。定期的に熱交換器メンテナンスを行うことで排熱効率の回復と寿命を延長してコスト削減に寄与、さらに部品の各部に発生することのある歪みや腐食、ピンホールなどのトラブルを早期に発見すれば、不測の事態を事前に避けられます。

熱交換器メンテナンスは、メーカーや型式ごとに最適な洗浄方法があるため、専門的な知識と技術と経験を持つリコンディショニングのプロに任せるのが最適でしょう。メンテナンス時期がわからない場合も相談することをおすすめします。熱交換器のパフォーマンス診断を数値化すれば、メンテナンスの必要性をチェックできます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です