Skip to content

汚れやサビを落とす!熱交換器メンテナンス

排熱処理に欠かせない熱交換器は、設備の効率的な稼働によるエネルギーロスの削減に欠かせません。しかし流体を用いて熱を移動させるため、それらに含まれる成分が水垢のようにこびりついてしまいます。熱交換器の表面に汚れがこびりついてしまうと伝熱性能が落ちてしまうため、エネルギーの無駄が発生、これにより期待されている排熱効率を維持できません。この対策となるのが、定期的な熱交換器メンテナンスです。

様々な熱交換器を分解洗浄することで部品単位についた汚れや腐食の原因となるサビをきれいに落とすことができます。これにより、伝熱性能が復活するため省エネに貢献するだけでなく、設備の正常な稼働に欠かせない排熱効率を維持します。熱交換器メンテナンスをせずに放置することで生じるのは、エネルギー効率の低下だけではありません。最も恐ろしいのは、目に見えないほど小さな劣化です。

代表的なのが部品のごく小さな穴ができてしまうピンホールが発生、その隙間に流体が入り込むことで損傷の拡大やサビつきが発生し腐食することもあります。このようなトラブルを避けるには、熱交換器メンテナンスを通じての分解と洗浄に加えて検査をしなければ、発見することも難しくなっています。もし以前よりもエネルギーロスを感じた場合は、熱交換器メンテナンスのタイミングです。汚れやサビつきを落とすことで省エネを実現できるだけなく、突然のトラブルによる設備の稼働停止などを避けられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です