Skip to content

熱交換器スケールのリスクを避けたいなら

熱交換器は様々な生産現場で欠かせない設備で知られます。そのため生産現場やプラントあるいは事業所によっては、24時間365日フルで稼働しているケースも珍しくありません。ただし長期にわたり稼働し続ければ、故障やトラブルも発生しやすくなるのが通常です。特に熱交換器スケールにはじまり、プレートガスケットの劣化さらには貫通割れといった、深刻なダメージに至るケースも見られます。

そのままにしておくと、電熱プレートの破損で液体が漏れ出して運転停止したり、製造ラインに必要な熱量を供給できずに生産性が落ちるなど、様々なトラブルが発生します。このようなリスクを避けるには、普段から定期的な点検を欠かさずに実施、熱交換器スケールの付着もこまめに落とすことが大切です。そしてもし異常を見つけたら、速やかにメンテナンスできる体制を整えておくことも必要でしょう。あるいはスケールの付着し難い熱交換器を導入することも、トラブルのリスク回避には有効です。

例えばプレート式熱交換器もその1つ。これは伝熱プレートにヘリンボンパターンなどの波形状を採用することで、意図的に伝熱プレート間の流体の流れを乱し、熱効率を高めた乱流促進構造を特徴とします。同時に、この流体の乱れによって自己洗浄機能が働き、熱交換器スケールが付着し難いという点も、注目すべき特徴でしょう。ただしプレート式熱交換器であっても、やはり長期の使用ならば定期的なメンテナンスは必須です。

メーカーのメンテナンスパックに加入するなどして、突然のトラブルを未然に防止することが肝心と言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です