Skip to content

熱交換器メンテナンスのメリットとは!?

様々な設備や向上に使われている熱交換器の役割は、スムーズな排熱を通じての稼働効率を維持することにあります。排熱効率が高いほど設備や機械の稼働に必要となる電気や石油などのエネルギーロスも減らせるので、コスト削減や環境対策としても役立ちます。そんな熱交換器にも寿命があります。長期間稼働させることで様々な汚れに加えてサビつきによる腐食、さらには目に見えないほど極めて小さなピンホールが生じたり、これらが原因となって稼働停止することも珍しくありません。

突然の作動停止は作業全体の遅延を招くため、定期的な熱交換器メンテナンスや保守交換が求められます。専門業者らは、リコンディショニングという方法を用いて熱交換器メンテナンスを行っています。これはプレート熱交換器そのものを分解洗浄するものであり、作動中にこびりついてしまった汚れやサビなどをきれいに落とすだけでなく、経年劣化が避けられないパッキンの交換による漏れトラブルの防止に加えて、浸透深傷試験(プレートPT試験)による検査では、目で見えないほど僅かなピンホールをも発見できます。普段から熱交換器メンテナンスを前提とした体制が、トラブル抑止に役立ちます。

予備の熱交換器一式を予め用意しておけば、リコンディショニング中であっても設備を稼働できる他、各種部品を検査に時間をかけられます。作業効率やエネルギーロスの削減、不足のトラブルによる設備停止や人員配置などを避けるには、定期的な熱交換器メンテナンスの準備が欠かせません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です