Skip to content

タイミングはいつ!?熱交換器メンテナンス

定期的に熱交換器メンテナンスは、設備の効率的な稼働と省エネに貢献します。しかし多くの担当者を悩ませるのが、メンテナンスのタイミングではないでしょうか。熱交換器と言っても工場や空調設備や船舶など他、様々な用途で利用されているため、メンテナンスのタイミングも違ってきます。基本的には、熱交換器を提供しているメーカーから一定期間ごとに通知される定期メンテナンスに基づいて行われています。

主に熱交換器を分解洗浄が中心になっており、内部にある細長い管や凹凸のあるプレート版までにこびりついた汚れやサビをきれいに落としてくれます。またゴム製のガスケットや水漏れ防止のパッキンの交換なども行われており、これにより伝熱性能が復活します。メーカーによる熱交換器メンテナンスのメリットは、設備の休止を伴わないことです。メーカー側が、あらかじめ予備の熱交換器一式を用意してくれる事がほとんどなので、普段どおりに操業できます。

そのタイミングは、使用状態によって違ってきます。主に冷水にふれるのであれば約5~6年に1回、主に温水に触れる設備なら3~5年に1回、主に蒸気や高温水に触れる場合は、熱交換器の負担が大きくなることから1~2年に1回が目安となります。中には長期間メンテナンスをしないで使用している熱交換器もあるようです。その場合は、設備や機器にサビつきや汚れが目立ってきたり、腐食している部分がある、水漏れがしている、前回のメンテナンスをいつ行ったかわからない、以前と比較して電気代が上昇しているといった場合に、熱交換器メンテナンスをすると良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です