Skip to content

設備管理者にとって熱交換器メンテナンスは重要な課題

熱交換器システムを導入することは、空調や冷凍、給湯などを実現する上でも必要不可欠な取り組みになります。熱交換器は熱そのものをやりとりする場所であり、その構造は複雑な蛇腹状になっているのが一般的で熱効率を良くするための配管を組み立てている特徴があります。例えば業務用のエアコンでは配管内に冷媒を循環させ、熱交換機で熱を取り出したり放熱をしたりして、暖房や冷房を実現することは明らかです。物の生産などを始め、サービスの実施でも重要となるのは熱交換器であるのは確かで、その設備を保有し管理する者にとっても熱交換器メンテナンスを行うことは課題になります。

熱交換器メンテナンスのポイントは、複雑な形状をしている配管にスケールなどの汚れが付着してそれをいかに効率よく取り除くかにあります。つまり汚れが付着したら、上手く熱交換をすることができない現実を突きつけられるためです。熱交換できないとサーミスターやセンサーで計測されており適温になるため、さらなる稼働を機器全体に制御を行います。この制御を行うことは、過負荷による稼働をもたらし、それによって故障や腐食を進ませてしまう懸念があります。

つまり機器設備自体を長寿命にしたい場合には、熱交換器メンテナンスをしっかり行うことがカギを握ることになります。なお従来の化学薬品による場合には、熱交換器自体の劣化を早めてしまう懸念があり、素材に最適な化学薬品を利用することが重要です。熱交換器メンテナンスの専門会社が存在しますので、そこで実際に熱交換器の素材や状況確認の調査を行い、どうのような形で行っていくかを検討する必要があります。そのため実績なども重視され、メンテナンスがもたらす長寿命の効果がどのくらいあるのか試算を行ってもらい、理解することも大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です