Skip to content

熱交換器メンテナンスの必要性と資格

多くの事業社で、2000年以降は熱交換機を導入なさっていることでしょう。これは政府が掲げている2050年までに、温室効果ガスを実質ゼロにするための必須事項となりました。事業社の規模に関係なく、熱交換器を設置して排熱を利用した電力の自給自足をうながしているというわけです。これがいわゆる再生可能エネルギーであり、今後は一般家庭にも普及していく見通しです。

熱交換器を設置したら、半年に一回は熱交換器メンテナンスを実施する必要があります。これは電力を生み出すという重責も担っており、しっかりと保全をしないと業務に支障をきたす恐れがあります。一般的には熱交換器メンテナンスは専門の会社に依頼をすれば、必須項目の確認とメンテナンスを受けることが可能です。必須項目とは排熱の吸収から、電力の発電事項があります。

また、排熱を吸収する際のカロリー計算もなされますが、これらのチェックには第一種危険物取扱主任という国家資格が必要です。熱交換器メンテナンスは危険物の取り扱いに分類されているので、無資格でおこなうことはできません。それほど取り扱いが難しい機器なので、事業社はもちろんのこと一般家庭においても定期的に熱交換器メンテナンスを受けるようにしましょう。もしも何かしらの不具合が発生したら、自身で解決を使用とはせずに必ず専門会社に連絡をするのが望ましいです。

資格を持っている方でも、実務経験が必要なので知識に乏しい方は対応ができません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です