Skip to content

熱交換器メンテナンスを行って良好な状態を維持しよう

熱交換器メンテナンスは、熱交換器を運用しているなら必ずやらなければなりません。熱交換器は冷却したり温めたりする機械ですが、これを使用しているなら熱交換器が使い物にならなくなると困ってしまいます。熱交換器メンテナンスを行っていれば、なるべく故障を防ぐことにつながりますし、メンテナンス時に不調を見つけることができれば早めの対処ができるので、突然使えなくなって困るということがありません。熱交換器メンテナンスで自分でやるべきことの一つに、スケール除去があります。

スケールは水が通る配管に貯まりますが、機器の性質上これが溜まると熱伝導率が下がってしまい、十分な機能が発揮できなくなってしまいます。そこで行うメンテナンスが、スケール除去の洗浄液を使ってスケールを取り除くことです。スケールは水の中のミネラルが固まってしまったものなので、そのままだと取り除くのが大変です。しかし、専用の洗浄液は化学反応によってスケールを溶かしてしまうので、簡単に除去することができます。

この洗浄液は、熱交換器を扱う業者で購入できるほか、インターネット通販などでも購入することが可能です。機器トラブルが起きた場合は、早めに専門業者に依頼して修理してもらいましょう。少しの不具合だからと放置していると、故障がよりひどくなってしまうことがあります。早めに修理すれば短期間で終わるので、業務で熱交換器を使用できないといった時間を短くすることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です