Skip to content

高性能なろ過器のニーズが高まっている背景

資源のリサイクルが重視される昨今において、水の再利用を求めることも以前より多くなっています。水の再利用といえば浄水場をイメージする人が多いですが、それより後のフローにおいても需要が大きくなりました。すなわち、施設や店舗といったレベルでもろ過器が不可欠になりつつあります。ろ過器とはその名のとおり、フィルターろ過するための装置です。

不純物が混入している液体をフィルターに通すことで、純粋な液体だけを効率よく抽出できます。ただし、100%の精度で抽出できるわけではありません。いろいろな要因によって精度は下がってしまうので注意しましょう。最も大きな影響を与えるのはフィルターの仕様です。

もちろん粗ければ不純物をたくさん通し、細かければたくさんカットします。そう言われると、できるだけ細かなフィルターを使用すれば良いと思うでしょう。しかし、簡単にそうできない理由があり、それを克服できるろ過器の開発が進められています。その理由の一つは、フィルターが細かすぎると液体を流す勢いが弱くなってしまうことです。

たとえば、水をプールで再利用したくても、プールを一杯にするだけの水を流すのに多くの時間がかかってしまいます。営業を終えて次の日まで綺麗にしたくても、間に合わないような状態になりかねません。そのような課題が多く噴出してきたので、不純物をカットする精度と液体を流す勢いを両立できるろ過器が求められるようになりました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です