Skip to content

工場の省エネ対策について

工場など製造業は、生産設備の省エネ対策に取り組むことがいいと言われます。ですが生産設備の省エネ対策を成功させるには設備機械の導入というコストがかかるのが問題です。長期的な視点で見れば、投資する価値は大きいです。コストをかけずに、企業努力だけでできる照明や空調といった対策はすぐにスタートができます。

使っていない照明のスイッチをこまめに消したり、温度に気を配る・節水や設備の点検・そうじを定期的にするなどです。オフィスは、冷房時や暖房時の温度を調整するだけで消費電力の削減が可能です。工場など大きな施設では、温度設定を設定することは省エネ効果は大きくなるでしょう。使うべき照明を、始業前・休憩中・終業後でわけて無駄な電気を節約する方法も有名です。

できるでしょう。ワット数を下げることも、省エネ対策が可能。LED化した場合は、白熱灯と比べると大きく節電できるので人気です。製造工程で、効率よくエネルギーを稼働させることも省エネのポイント。

ひとつの工程が動いているときは、ほかの工程ではスタンバイモードにしておくと無駄が省けます。生産装置については連続で動かす時間を短くしたり、アイドリング時間を減らすことによって待機電力を減らすのが賢いです。冷凍や冷蔵設備なら、夜間電力使用で庫内を冷やして蓄熱することで、コストが安くなります。空調フィルターの掃除を意識するだけで、効率的にエネルギーを使うことが可能になるでしょう。

省エネのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です