Skip to content

アルファラバルの歴史は水処理の歴史

アルファラバルは1883年に設立された熱交換器や水処理機のパイオニア的な存在の会社であり、様々な水処理の技術を開発して世界中の企業から賞賛されている企業となっています。特に熱交換器は非常に効率が良いものを次々と製造しており、同時に高い水処理の技術を採用していることから安定した機能を継続的に果たすことができるものと注目されているため、日本でも多くの企業がそのプラントの重要な制御装置として利用しているケースが少なくありません。アルファラバルの熱交換器は工場内の冷却水の循環効率を高めることでも定評があり、常に綺麗な状態での冷却水を工場内に循環させることができるのが特徴です。一般的に冷却水は様々な経路を通過し循環する間に汚れを吸着させ徐々に水質が悪化してくるケースが少なくありません。

これにより冷却効率が低下してしまうほか、その汚れにより循環経路を汚染してしまう危険もあるため、定期的にメンテナンスを行わなければならない場合がほとんどです。アルファラバルの熱交換器は水処理の技術が生かされているため、熱交換を行うのと同時に冷却水の濾過を行い、きれいな状態にすることができる機能を持っているのが特徴です。そのためこれを設置するだけで安定的に冷却機能を維持することができるほか、回収した熱を様々な目的で効率的に利用することも可能となります。近年では様々なエネルギーの効率的な利用を行うことでCO2削減を行うことが重要な課題となっており、これを実現する上で非常に頼りになる企業と注目されているのが特徴です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です