Skip to content

アルファラバルの熱交換器が効率が良い理由

アルファラバルの熱交換器は熱回収の効率が非常に高いことから多くの企業で利用されており、工場の安定稼働やCO2削減にも大きな効果を示すものとなっています。一般的に熱交換器は様々なプラントの余熱を回収し、これを効果的に利用することができるものと注目されていますが、実際にはそのエネルギーを効率的に生かすことができないものがほとんどで、半分以上のエネルギーを捨ててしまっていることも多いのが実態です。アルファラバルの熱回収率は非常に高く、そのために様々な用途に効率的に利用することができるのが特徴となっています。アルファラバルの熱交換器の熱回収率が高い理由は、熱交換器の構造だけではなく高い水処理技術を導入していることが要因です。

一般的に熱交換器が利用される工場内の環境は循環した後の加熱された冷却水から熱を取り出す仕組みとなっていますが、この際には冷却水自体が汚れてしまっていることが多く、熱を回収した後でさらに循環をさせると管路の詰まり等を引き起こしてしまうことも少なくありませんでした。そのためこれをろ過し汚れを取り除くためのフィルター機能を個別にその管路の中に設ける必要があり、この部分で熱を消耗してしまうといったことが多かったのが実態です。アルファラバルの熱交換器は内部で冷却水の濾過作業を実現することができる画期的なものとなっており、そのために個別に濾過機能を用意する必要がありません。また廊下をする際にも同時に冷却水の熱を効果的に利用する仕組みが機能するため、非常に回収率が高くなるのが特徴となっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です