Skip to content

熱交換器スケール除去でエコキュートの性能が戻る?

エコキュートはエコで便利な電気湯沸かし器、オール電化住宅に欠かすことができない存在です。エコキュートはヒートポンプと呼ぶ熱交換器を使い空気中に含まれる熱を媒体にしてパイプ内を通る水を加熱してお湯を沸かす、このような原理があります。パイプ内を流体が循環するとき熱により内部には析出物が付着する、これがスケールの正体でもあり熱交換器スケールと呼ばれることも少なくありません。熱交換器スケールがどのように付着しているのか、それはパイプの断面を見ないとわかりにくいのですが、ネットの中にはエコキュートのパイプ内に付着した析出物を見ることができる写真が掲載してあるので興味がある人は探すと良いでしょう。

パイプ内に生じる熱交換器スケールは、エコキュートの場合であれば炭酸カルシウムが堆積したもので断面の写真を見たときには取り除くことができるイメージを持つ人も多いといえます。ただ、この堆積物はとても固い物質であり簡単に取り除くことはできませんし、ましてやパイプ内部に生じるものですからワイヤーブラシなどを使わない限りは除去は困難です。ワイヤーブラシでこすれば落ちるのか、このような疑問を感じる人も多いかと思われますがワイヤーブラシでこすったとしても取り除くことは困難、専用のスケール除去剤を利用して内部の洗浄を行うのが一般的です。炭酸カルシウムが堆積し続ければ流体が通る空間も狭くなる、エコキュートそのものの性能も著しく低下するといいます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です