Skip to content

エコキュートなどの熱交換器スケールは専門業者に依頼

熱交換器の一つでもあるエコキュートは、エアコンの室外機のような形をしている本体と沸かしたお湯をためておくためのタンクの2つで構成されています。タンク内には1日に利用するお湯を蓄えることができるようになっていますが、熱交換器スケールの影響で深夜の時間帯にお湯を沸かせ切れずに早朝から午前中まで擁してしまう、このようなトラブルが起きることがあるようです。熱交換器スケールは熱交換器の特性から生じる可能性があるもの、液体などの流体に含まれる物質が熱などの影響を受けてパイプの内側部分に析出物を形成させるのが熱交換器スケールの特徴です。仮に、30mmの内径を持つパイプがあり、内部にスケールともいえる析出物が20mm近く蓄積されていると、その隙間はわずか10mmとなり、流体の流れを悪くしてしまうことになります。

エコキュートを使っていてお湯の量が少ない、設定温度になるまでに時間を要してしまうなど一見故障のように感じられるものも熱交換器スケールが原因のケースが多いといいます。熱交換器スケールは液体(エコキュートの場合は水道水)に含まれる物質が原因になるもので、パイプ内部をワイヤーブラシなどでこすっても簡単に除去することは不可能です。スケールを除去するための薬剤が用意されていて、これを使うことで取り除くことはできるのですが、頑固な析出物になるので強力な薬品を使い2時間前後の循環が必要になるなど専門業者に依頼するのが一般的です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です