Skip to content

熱交換器スケール除去について

熱交換器とは水や空気を他の流体と間接的に接触させて、加熱したり冷却したりする装置です。主に空調設備に用いられ、オフィスビルから工場まで幅広く導入されています。家庭用のクーラーも熱交換器が使用されており、身近な装置でもあります。但し長時間使用し続けると、熱交換器の内部にスケールという不純物が付着し熱効率が悪くなり、必要以上に熱交換にエネルギーを使うことになり問題です。

熱交換器スケールを除去するには定期的なメンテナンスが必要で、大抵は専門の業者に依頼されます。まずは熱交換器を分解し、熱交換器のチューブ内部をワイヤーブラシや高圧洗浄機で掃除します。チューブは数十本から多いもので100本以上配列されており、1本1本丁寧に洗浄するのは根気と労力が必要です。このため業者を選定する際は、熱交換器スケール除去の実績のあるところを選ぶのが重要です。

大抵の業者はホームページを掲載していますので、比較検討して下さい。なるべき地域密着で、至急に依頼してもすぐに駆けつけてくれる業者が理想です。また熱交換器によっては第一種圧力容器に該当する場合がありますので、労働安全衛生法に基づく整備を行っている業者を選択する事も大切です。熱交換器スケール除去が完了した後に使うと、作業前と比べて格段に効率が良くなります。

空調設備の場合は冷えにくかったものが改善されますので、シーズンインする直前に行うと途中で止めることなく使用出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です