Skip to content

熱交換器スケールを除去することの重要性

さまざまな分野で使用されている熱交換器ですが、継続的に使用していると次第に配管内に「スケール」が付着していくものです。このような熱交換器スケールが付着して蓄積した状況は、放置しておくと設備の性能維持の観点からも好ましいもんではありません。熱伝導率が低下して、本来の性能を発揮できない状況を招いてしまうだけでなく、破損や故障などにもつながっていくケースも少なくないものです。もしも熱交換器スケールが付着していることが判明した場合には、どのような対処方法が必要なのかを確認することが望ましいと言えるでしょう。

そして適切な方法で熱交換器スケールを除去することが設備の寿命を延ばし、性能を工場的に維持していけることに繋がります。そのための情報は、インターネットで確認していくことがおすすめです。熱交換器スケールの成分は、水の中に溶けているマグネシウムやカルシウムなどが析出したものです。これらの物質は、析出してしまうと元の状態に戻ることがなく、配管の中に付着して蓄積していくこととなります。

固着しているためにブラシなどで擦り落とすことも困難となりますので、熱交換器スケール専用の除去剤などを利用して洗浄することがベストな方法です。専門的にスケール除去を取り扱っている会社へ連絡して、状況を確認して適切な処置を行っていくことが重要となりますので、情報は確実に手に入れておくことをおすすめします。定期的なメンテナンスを実施して、熱交換器の性能維持につとめましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です