Skip to content

熱交換器メンテナンスを簡単にする方法

熱交換器メンテナンスは内部のゴミやスケールなどを除去するものであり、定期的に行わないとゴミやスケール等が付着し熱交換の効率を著しく低下させてしまうことになるため注意が必要です。しかしその反面これらを除去するためには熱交換器の動作を停止させなければいけなくなり、これによって様々なシステムに悪影響を及ぼしてしまうことも少なくありません。一般的にはシステム全体を停止させ熱交換器メンテナンスを行うのが最も確実で安全な方法ですが、これを行っているとシステムの稼働率が低下し、その生産効率を著しく低下させてしまうことになるため企業活動の上では大きなロスとなります。工場で利用される生産システムの場合には、生産量が減少し最終的には売上利益が低下するといった問題を引き起こすため十分に注意をしなければなりません。

熱交換器メンテナンスを効率的に行うためには、出来る限り熱交換器を停止させずに行う方法を利用することが必要不可欠です。そのためによく利用されるのがデスケーラーと呼ばれるものであり、これは内部の循環水に混入させることでその成分がスケールを除去し、同時に汚れも取り去って水流の中に含んでしまうのが特徴です。スケールや汚れが水流の中に混入してしまうため、これを除去するためにはフィルターを装着し交換することが必要ですが、人の手でスケールや汚れを除去するのにかかる時間に比べると非常に短い時間で作業を行うことができます。そのため、デスケーラーを効率的に利用する方法を熱交換器メンテナンスの手順に組み込む事は、非常に効果的な方法となっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です