Skip to content

排熱利用のための技術とは

近年は世界各国で地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を減らすための研究・開発が進められており、化石燃料の消費量を減らすためにいくつかの技術が実用化されています。化石燃料の消費量を減らすための方法のひとつは、これまで捨てられていた排熱を回収して再利用する方法です。熱交換器やヒートポンプなどを利用して回収した熱エネルギーは、暖房やボイラーの予熱などのために用いることができます。冷凍機を稼働させる際も、回収された高温の熱源を利用する方法が存在します。

大規模な施設の冷房や大型の冷凍庫などに用いられる冷凍機には、吸収冷温水機と呼ばれる装置が用いられています。これは高温の熱を利用して冷凍機を稼働させるための装置で、都市ガスなどを燃焼して得られる熱源が用いられるケースが多いようです。排熱回収によって得られる熱源を活用して吸収冷温水機を稼働させることで、化石燃料の消費量を減らすことができます。高温熱源以外にも、排熱利用のための装置が考案されています。

スターリングエンジン(外燃機関)を活用することで、排熱利用により運動エネルギーが取り出すことが可能です。スターリングエンジンは熱が移動する際にピストンを稼働させることのできる装置で、往復運動を回転運動に変換させることで発電ができます。このようなシステムを活用して電気エネルギーの形で熱エネルギーの回収ができるようになれば、排熱利用の幅が広がることが期待されます。排熱利用のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です