Skip to content

各種工場で使用される排熱利用はエコなシステムです

熱交換器など排熱利用を前提とした機械器具においては、全国各地で営業をしている各種工場で導入されています。全ての工場ではありませんが、工業製品や食品工場などでも採用している実績があり、導入をすることによりボイラーの手助けを行えることが基本です。通常はボイラーを導入している工場では、ボイラーを稼働させるために燃料を消費しますが、大きな工場の場合は燃料代が非常に高額になり、負担額が大きいことで製造する商品に価格を上乗せしないと経営が成り立たない問題も浮上します。排熱利用で熱交換器を導入すると、ボイラーの場合は最大で90%程度の節約を行うことも不可能ではなく、年間にすると莫大な燃料費を節約できるので、地球環境を考えてもエコなシステムとして利用できます。

排熱利用はそもそも熱源を必要とするものですが、熱源は水でも空気でも対応できる機種があり、微々たる熱源でも効果を大きく保てることは特徴的です。工場を有する会社側では取り付けても効果を実感できないのではと考えてしまうことも想定できますが、この点においては排熱利用の機器類を製造販売しているメーカーに問い合わせをするとシミュレーションを行ってもらえるので、導入する価値が高いことは理解できます。工業製品で尚且つ工場で使うものなので、品質が高い機種が多いことは勿論のこと、耐久性に優れている機器や、メンテナンスに手間と経費があまり掛からない機種まであるので、健全で利益を高めることを期待する工場には導入すべき機材です。各メーカーでは現地調査を実施する他、導入の際のセッティングも行っているので、安心して任せられることもメリットです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です