Skip to content

省エネルギーになる排熱利用

排熱利用とは、何か物を燃やしたときに発生する熱をただ捨ててしまうのではなく、有効に活用しようとすることを指します。もちろん、何の意味もなく物を燃やすことは有効活用にそもそも反していますから、いらなくなった物を燃やすことが前提となり、排熱利用とはつまりゴミを燃やしたときに発生する熱を活用することを指すわけです。排熱利用の方法ですが、単純には、発生する熱をそのまま利用することが挙げられます。例えば暖房に利用することです。

少し進んだものとしては、熱により温水を作り、それを温浴施設で使うこともあります。これらは比較的簡単な方法ですが、活用できる範囲に限界があることもまた事実です。暖房は冬場にはありがたいですが、夏場には不要でしかありませんし、冬場であっても暖気をパイプラインなどで引ける範囲はごく限られたものとなるでしょう。温水にしても似たようなもので、温浴施設を作って地域の人に利用してもらったところで、一定量以上は無駄となってしまうことは十分に想像できます。

燃やすゴミの量が限定的であれば、発生する熱も限定的なわけで、別にこのような直接的な排熱利用であってもさほど大きな支障は生じないかもしれませんが、大規模に行おうとすれば、大量に発生する熱を余さず活用する方策をしっかりと考えておかなければなりません。その一つの方法が発電に用いることで、原理的には火力発電所と同じものになります。こうすればそれこそ全国の電力網に供給することも可能ですから、無駄は発生しません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です