Skip to content

排熱利用を再生可能エネルギーに

今現在、エネルギー資源が問題になっていることは多くの方が知っているかと思います。火力発電や原子力発電に多く依存してきたこの状況下をいずれは脱却していかなければなりません。今までのエネルギー資源とは違ったエネルギーとして、排熱利用が注目されています。排熱利用とは、耐食性の高い熱交換器を用いて、加熱・暖房などに利用する熱を貯蔵するシステムです。

また、このエネルギーは再生可能エネルギーであり、環境にもやさしく、安全面もそれなりに保障されています。しかしながら、こういった再生可能エネルギーはコストの面で問題があり、あまり普及していないのが現状です。実際に太陽光発電や風力発電などがいい例となっています。ですが、この排熱利用エネルギーは比較的低コストで汎用性の高いものとなります。

例えば、工場ではどうでしょうか。大量の煙を排出するところには、多くの排熱利用が期待できるかと考えています。それ以外にも、熱を吸収することは、冷房にもつながります。こういった逆転の発想もできます。

地球温暖化にももしかしたら貢献してくれるかもしれません。今現在、世界では環境に配慮した取り組みが多く行われています。例えば、車ではどうでしょうか。中国では2030年までにガソリン車の利用を禁止する動きが行われています。

これに対して日本はどうでしょうか。2030年までにガソリン車からの脱却は多くの人が不可能とです。この補填として、世界的にも優れている日本の排熱利用が将来開花してくれます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です