Skip to content

省エネや省資源と排熱利用

排熱利用は省エネや省資源と密接に関係しています。人間が生活していく上で廃棄物、つまりゴミをゼロにすることは非常に困難で、やむを得ないものですが、これをただ単に捨ててしまうこと、つまり埋め立ててしまうようなことは長い目で見ると地球環境に大きな影響を与えることは間違いありません。できるだけゴミを減らすような生活をすることがまず大事で、どうしても発生するものについてはリサイクルが好ましいわけです。ですが、リサイクルも難しいようなものも現実的には発生します。

このような廃棄物について、そのまま捨ててしまうよりはせめて燃やしてその際に発生する熱を有効活用することが良く、これが排熱利用になります。この排熱利用は、その廃棄物は燃やしてしまうわけですから直接的な意味での省資源にはなりません。しかし、得られた熱を有効に活用する限りは省エネにはなります。別の手段で熱を発生させるためには、ガスや電気を利用しなければならず、そのために用いたはずのエネルギーを節約することにつながるからです。

ただ、熱はガス電気などとは異なり、遠くまで運ぶことがなかなか困難です。また、何か物を燃やすとなると、発生するのは熱だけではなく何らかの有害物質も同時に発生してしまうことが良くあります。有機物を燃やすと二酸化炭素が発生し、これは有害物質とまでは言えないかもしれませんが地球温暖化の原因となりますし、その他にも窒素酸化物や硫黄酸化物が発生する可能性もあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です