Skip to content

排熱利用は難しくない

皆さまは、排熱利用と聞くと、原子力発電所や地球環境問題などのグローバルな視点での考察や、国として世界規模として取り組むべき課題と言ったように、なんとなく個人を取り巻く環境にとっては、少し距離感があり遠い時代であるように思われてしまいがちです。しかし、本当はそんな事は全くないのです。なぜならば、皆さんは心がけ1つ次第で、この排熱利用を有効に行動に起こすことができるからです。まずは、欲張らずに小さいことで良いので、日ごろの日常行動でなにか起こすことが大切です。

1つの例を挙げますと、湯船にたんまり張ったお湯について、使用し終わったら、その熱で何か冷凍食品などを解凍してみると言うのも良いのかもしれません。これも立派な排熱利用です。確かに、そんなことをしても地球で今も起こっている大規模規模問題解決には本当に小さな努力かもしれません。しかし我々人間が、個人としてこうした小さな積み重ねを一つ一つ実施することで、それが大きなエネルギーとなり、ひいては何か地球規模の大きな問題解決につながるのではないかと考えます。

どうせやっても無駄とか、どうせやっても焼け石に水とか、そうした否定的なことを考えるのではなく、まずは個人個人がやってみようと言う気持ちがなければ何も前に進まない事は歴史がきちんと証明してくれます。人類の子孫が振り返ったときに、私たちの世代がきちんとこうした小さな努力を積み重ねていたんだなと賞賛を得られるように、今一度できることからやっていきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です