Skip to content

アルカリ洗浄液は油汚れなどを強力に落とします

アルカリ洗浄液を使うと、中性の洗浄液では落とすのが難しかった油汚れやタンパク質汚れを簡単に除去できます。家庭で使われる食器用の洗浄液などは弱アルカリ性のものが多く、飲食店などで使われる業務用は基本的にやや強めです。食器や調理器具に付着する汚れの多くは油やタンパク質によるものなので、アルカリ洗浄液を使えば素早く綺麗にできます。工場などの設備や機械に蓄積した油汚れを除去するには、強アルカリ性の洗浄液を使うケースが多く見られます。

アルカリ洗浄液は全ての汚れに効果があるというわけではなく水垢や尿石、錆などには弱いという特徴も存在します。またアルカリ洗浄液はアルミニウムと反応して腐食させてしまうので、アルミ製熱交換器などの洗浄には基本的に使えません。ただし市販されている製品の中には、強アルカリ性でありながらアルミニウムを腐食させないタイプも存在します。アルミ製熱交換器などに付着した頑固な油汚れを除去したいのであれば、アルミニウムを腐食させないタイプの製品を選ぶとよいでしょう。

アルカリ性はタンパク質で構成されている人間の皮膚にも影響するので、強い性質の洗浄液を扱う場合にはゴム手袋を使うなど直接的に触れないようにしてください。特に工場などで使われている業務用の洗浄液には非常に強いものがあり、誤って触れると肌が溶けることがあります。pHの最大値は14ですが、11以上だと強いアルカリ性なので慎重に扱う必要があります。一般的な家庭のキッチンで発生するような油汚れやタンパク質汚れであれば、重曹水など弱アルカリ性の洗浄液でも十分に落とすことが可能です。

アルカリ洗浄液のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です