Skip to content

アルカリ洗浄液を使う場合のポイントについて

アルカリ洗浄液はタンパク質や油による汚れに効果的ですが、市販されている製品には様々なものがあります。使う場所や汚れの程度に応じて、最適な条件を備えたアルカリ洗浄液を選ぶことが大切です。液体の性質の強さはpHという0から14までの数値で表されており、8以上だとアルカリ性になります。一般的にはpHが8以上11以下は弱アルカリ性に区分され、11より大きいものがアルカリ性と区分されています。

pHの数値が大きいほど性質が強くなり洗浄力も増しますが、強アルカリ性の洗浄液は人体や環境への影響も大きくなるので慎重に扱わなければなりません。市販されているアルカリ洗浄液のラベルには、液体の性質が記載されているのが通常です。強力な洗浄力を求める場合にはアルカリ性、肌に優しい洗浄力が必要な場合には弱アルカリ性と記載されているものを選ぶとよいでしょう。アルカリ洗浄液は正反対の性質を持つ酸性の物質を効果的に除去できます。

代表的な酸性の汚れは油で、キッチンの飛散した油や焦げ付きの他にリビングの手垢や皮脂汚れなどが挙げられます。アルカリ洗浄液を使用すると、油やタンパク質で構成された頑固な汚れを効果的に落とすことができます。食器に付着した油汚れやタンパク質汚れを落とすために、中性の洗浄液を使うケースが多く見られます。しかし中性の洗浄液では、ガスコンロや五徳に付着した頑固な汚れを十分に落とせないことがあります。

油汚れやタンパク質を落とすよう設計されているアルカリ性の洗浄液を使えば、蓄積した汚れを簡単に除去できます。衣服に皮脂が付着し中性の洗浄液では落とせない場合にも、弱アルカリ性の洗浄液を試してみるとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です