Skip to content

油汚れにはアルカリ洗浄液を使うとよいでしょう

アルカリ洗浄液はpHが8より大きいアルカリ性で、一般的に市販されている製品は弱アルカリ性とアルカリ性の2種類に分類できます。弱アルカリ性はpHが8より大きく11以下で洗浄力はそれほど強くありませんが、人体や環境に優しいという特徴があります。pHが11より大きいアルカリ性に分類される洗浄液は、洗浄力が優れているものの人体や環境への影響が大きい慎重に扱わなければなりません。市販されているアルカリ洗浄液はラベルに液性を記載しているのが通常なので、必要な洗浄力を備えたものを選ぶことが大切です。

アルカリ洗浄液は、正反対の性質である酸性の油汚れやタンパク質汚れを効果的に除去できます。キッチンの油汚れや焦げ付き、リビングの手垢や皮脂汚れなどを除去したい場合にはアルカリ洗浄液を使うとよいでしょう。食器を洗う際には中性の洗浄液を使うケースが多く見られますが、固着した油汚れには対応できない場合があります。厚く蓄積した頑固な油汚れも、アルカリ洗浄液を使えば簡単に落とすことができます。

アルカリ性の洗浄液はあらゆる油汚れに有効ですが、pHが最大の14に近付くほど洗浄力だけでなく手肌への影響も増します。水酸化ナトリウムのような劇薬に誤って触れると、皮膚が溶けてしまうので注意が必要です。比較的手肌に優しい洗浄液でも、皮膚に必要な油分まで落として肌荒れを引き起こす可能性があります。敏感肌の場合にはゴム手袋などを装着して直接触れないようにするとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です