Skip to content

油やタンパク質を除去するアルカリ洗浄液とは

アルカリ洗浄液はpHが8から14までのアルカリ性に分類される洗浄液で、油汚れやタンパク質汚れを効果的に落とすことができます。油脂の成分である脂肪酸はアルカリと反応して一種の石鹸となり、さらに他の汚れを落とします。アルカリ洗浄液と石鹸が協力して油汚れを落とすため強力な洗浄力を発揮しますが、pHが高くなるほど手肌への影響も強くなります。重曹水のように穏やかな洗浄液もありますが、水酸化ナトリウムのような劇薬は誤って触れないよう慎重に扱わなければなりません。

特に敏感肌の人がアルカリ洗浄液を使う場合には、ゴム手袋などを装着して直接触れないようにするとよいでしょう。アルカリは油汚れに強いだけでなく、タンパク質を構成するアミノ酸の構造を変化させます。アミノ酸の結合を切断したり弱めたりするため、タンパク質がもろくなって繊維にしがみ付くことができなくなります。アルカリ洗浄液を使うと、少しの力を加えただけで垢や食べこぼしなどのタンパク質汚れを落とすことができます。

キッチンで発生した油汚れや焦げ付きなどを除去したいのであれば、アルカリ性の洗浄液を使うとよいでしょう。食器の洗浄には中性の洗浄液を使うケースが多く見られますが、頑固な汚れにはアルカリ性の洗浄液を使えばより効果的です。中性の洗浄液で落とすことが難しい汚れが食器に付着している場合には、アルカリ性の洗浄液を使えば簡単に除去できます。市販されているアルカリ洗浄液の中には、強力な洗浄力と安全性を両立したものもあります。

頑固な汚れを除去したくても手肌への影響が気になるのであれば、安全性の優れた製品を試してみるとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です