Skip to content

強力に不純物を分離するマルチサイクロンとは

マルチサイクロンは遠心力を使って水中に含まれる不純物を分離させるろ過装置の一種です。筒状で上部の太さは均一ですが下に行くほど細くなっており、内部には複数のサイクロンが設置されています。水が内部に取り込まれるとサイクロンが激しく回転して遠心力を生み出し、異物が分離されて下部にある透明なタンクに溜まります。マルチサイクロンにはドレンバルブが付いており、開くと溜まった異物を排出できます。

他のタイプと異なり不純物を簡単に排出できるので、定期的なメンテナンスを行う必要がありません。マルチサイクロンは下部に透明なタンクが設置されていて、不純物が溜まる様子を外部から簡単に確認できます。遠心力を使い強力に不純物を除去できますが、全てのサイズの固形物に対応できるわけではありません。対応できるサイズを超える不純物を除去したい場合には、砂利やガラス製のフィルターを使うタイプのろ過装置を併用するとよいでしょう。

汚水や汚泥を処理する場合には、砂利でろ過を行う前にマルチサイクロンである程度の不純物を除去しておくと効率的です。砂利を使うタイプのろ過装置は汚れが溜まるとメンテナンスをしなければなりません。遠心力を使ってある程度の不純物を除去しておけば、メンテナンスの手間やコストを節約できるだけでなく水質の改善にもつながります。水中に含まれる木片や金属粉など、細かい異物を手作業で取り除くには時間と手間がかかってしまいます。

効率的に不純物を除去したいのであれば、強力な遠心力を使うマルチサイクロンがおすすめです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です