Skip to content

手間やコストを節約できるマルチサイクロンについて

水中の不純物をろ過する装置には様々なタイプがありますが、マルチサイクロンは遠心力を利用します。砂利やガラス製のフィルターに汚水を通すのではなく、複数のサイクロンが激しく回転したときに生じる遠心力を利用する点に特徴があります。遠心力によって自ら分離された不純物は、下部に設置されている透明なタンクに溜まりドレンバルブを開くと排出できます。フィルターを使うタイプのろ過装置は、汚れが溜まるため定期的に交換しなければなりません。

マルチサイクロンは不純物を簡単に排出できる構造になっており、メンテナンスフリーで扱いやすいというメリットがあります。このタイプのろ過装置は化学製品や食品を製造する工場の他に、金属加工の工場や汚水・汚泥の処理場などで使われています。製造業の現場では複数の物質が混ざっている中から、特定の物質だけを取り出す作業が必要になります。スタッフが手作業で水中に含まれる木片や金属粉を取り出すには、膨大な時間と手間がかかってしまいます。

マルチサイクロンを使えば素早く木片などを除去できるので、時間と手間を節約して業務効率を向上させることができます。汚水・汚泥の処理場では砂利をフィルターとするタイプと、マルチサイクロンが併用されています。砂利をフィルターにするタイプのろ過装置は薬品などを使わないので気軽に導入できますが、定期的なメンテナンスに手間とコストがかかります。マルチサイクロンを使ってある程度の不純物を除去してから砂利でろ過すれば、フィルターに汚れが溜まるのが遅くなりメンテナンスの手間とコストを節約できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です