Skip to content

異物を除去するにはマルチサイクロンがおすすめです

水中に含まれる異物を砂利やガラス製のフィルターを使って除去する場合、定期的なメンテナンスが必要になります。砂利をフィルターとして使うタイプは緩速ろ過と呼ばれており、薬品を使わず簡単に導入できます。藻類や微生物などが砂利に含まれていて、水中の菌類なども除去できるというメリットもあります。しかし長期的に使い続けているとフィルター内部に汚れが浸透して腐敗し、性能が低下するため頻繁にメンテナンスを行わなければなりません。

ガラス製のフィルターを使うタイプはグラスパールフィルターと呼ばれており、ろ過性能が優れているだけでなくフィルターの汚れを排出して綺麗な状態を維持できます。ただし長期的に使い続けていると性能が低下するので、一定期間が経過したらフィルターを交換する必要があります。マルチサイクロンはフィルターを使うのではなく、複数のサイクロンが激しく回転する際に生じる遠心力を利用して異物を除去します。このタイプは非常に優れたろ過性能を備えていますが、メンテナンスフリーで扱いやすいというメリットがあります。

マルチサイクロンは水から分離した異物が下部の透明なタンクに溜まり、ドレンバルブを開いて外部に排出する構造になっています。タンクが透明なので異物が溜まった状態を外部から確認でき、ドレンバルブを開くだけで排出できます。汚水や汚泥の処理場などでは、より効率的に異物を除去するためにフィルターを使うタイプとマルチサイクロンが併用されています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です